ダイエット方法16・自分に合ったダイエットスパン(期間)を考えてみる

さあやるぞ!!とやる気満々で始まるダイエット。

まずは夕食を抜いてみたり、昼食をおにぎり1個にしてみたり。大好きなスイーツを控えてみたり。スタートダッシュはいいんだけど、気付くといつもダイエットに失敗している方も多いでしょう。

そこでです。「ダイエットは計画的に」?

スポンサードリンク

ダイエットをする際、期間と減らす体重をしっかり設定しましょう

もちろん、1ヵ月でマイナス〇㎏!など目標を立ててダイエットに臨む方も多いでしょう。というより大半の方はそうすると思います。

そして、大体は勢いで数字設定をしてしまいがちですよね(笑)しかしそれだけでは失敗する事が多いのも確かであります。

本気でダイエットする際は、どの位のスパンで何㎏減らすかは結構重要で、各個人で成功しやすい傾向と対策もあるのです。

ダイエットの期間と減らす体重の設定は性格に比例する

甘いものが大好き!肉が大好き!お酒が大好き!人間の3大欲求の1つである「食欲」。好きなものを美味しく食べたいという欲求は性格には関係なく人間としての本能を満たすもの。

なので人が「太る」のに性格はあまり理由が無い。

ですが「ダイエット」という目標を達成するというミッションが発生した時には、勉強やスポーツと一緒で、1人1人に「合う合わない」が出てくるものであります。

ダイエットに取り組む会員さん(フィットネスクラブ時代)を500人ほど見ていましたが、成功する方を見ていると、自身の性格と同じようなペースで取り組んでいる方の成功率が非常に高かったと思います。幾つかの例を挙げてみます

スポンサードリンク

ダイエット期間①20代半ば。大学まで短距離走者の男性Aさん

26歳。元陸上部だったAさん。

大学を卒業し、就職。元々大食漢で食べるのが大好き!牛丼は常に特盛!でも足りない(笑)と言っていたのを今でも思い出します!学生当時はハードな練習で全てが筋肉になっていたので問題なかったとの事。

そんなAさんは卒業後3年経過して178㎝76キロだったのが入会当時98キロでした。さすがに「3ケタはシャレになりません」といって入会してきた。

私「A君はなんで短距離だったの?」

Aさん「長い距離走るの無理っす。途中で飽きちゃうんです。辛いし(笑)」

と言っていたAさん。短距離の練習も楽なわけではないのですけどね。「性格」がそうさせている例ですね。Aさんは「だらだらやるの性に合わないんで3ヵ月で20キロ痩せるっす!」と言っていた。

当時、営業職をしていたAさんは夜の付き合いもあり大変そうでしたが、付き合いが無い日は1日1000kcal以下を頑なに守りました。そして、ジムにも平均で週5回顔を出し「ホント長時間同じ動き嫌いなんですよね~」と、エアロバイクやランニングマシーンは長くても30分しかやらなかったですね。そのかわり、軽量の(MAXの20%)ウエイトトレーニングを90分ほど必ずこなし、大体3時間位取り組んでいました。

結果、3ヵ月でマイナス21キロ痩せてこちらが驚きました。これは元アスリートだからという事もありますが、元アスリートだからと言ってできる数字ではありません。彼の性格がホント「せっかち」だった事に起因すると思います。

実際、成功後にAさんの行きつけの居酒屋で祝杯をあげた時、注文はすべて決まっており、店員さんも言われる前に出す!位の勢いで(笑)「注文するの面倒じゃないっすか、だからもう決めてあるんです!ね、大将!」と言っており、殆んどの居酒屋でそんな感じだと言っていました(笑)

スポンサードリンク

ダイエット期間②32歳出産後の主婦。茶道と華道の師範代の女性Bさん

フィットネスクラブには色んな方々がいらっしゃいます。その中でも印象的だったのが32歳で茶道と華道の師範代の腕前?資格?をもっていたBさん。

結婚して29歳でお子さんを出産。3年経過していました。身長は161?2?だったかな?どっちかです。そして入会時の体重は59キロ。なかなかです(笑)元のベスト体重は46キロ位との事でした。

なぜここまで太ったのか?理由は「子供のために私が栄養を一杯とって元気でなきゃいけないじゃないですか!」なんて素敵なお言葉でしょう。なるほど、それなら合点がいく。そして「60キロを超えるのは私的にさすがに許せなかった」との事。みなさん区切りのラインってあるんですよね、

子育てのペースも掴め、お子さんも幼稚園にも通い始めるので、その時間を使ってダイエット。「やっぱりまだまだ女性でいたい」とおっしゃてましたねえ。

さあ、そこでBさんが設定したのは「1年で3キロが目標です」おおお・・ちょっとゆっくり過ぎるかな?と思ったので「もう少し・・1年で10キロ・・とは言わないですが、5キロ位に設定しませんか?」と聞くと、「いえ、茶道や華道をやっている影響もあるのですが、せかせかするのが苦手でして(笑)そのかわり、ゆっくりペースで目標を達成するのは得意だと思ってます」

との事。私は心の中で「本当にできるかな?」と思いましたが、Bさんは週に3回程、午前中にエアロビクスとヨガ、そして軽い筋トレを欠かさず行い、ママさん同士のお茶会にも参加したり。無理な食事制限はせず・・。

なんと、3年かけてしっかり10キロ落としたのです(1キロはおまけで痩せたと言っていました(笑))。「娘の小学校の入学式までには」と決めていたらしいです。普段歩いている姿も本当に優雅というかゆっくりだったBさん。ご自身の性格を把握してダイエットに成功した好例です。

スポンサードリンク

ダイエット期間③65歳・定年後の市役所勤務だった男性Cさん

この方も性格がダイエット成功に繋がりました。

入会時は168㎝で77キロ。目立って太っているという訳でもなく、今で言う成人病もなく。でもお酒が大好きだというCさん。一升目の前にあれば、一升飲んでしまうという酒豪。

Cさん「今のところ大丈夫なんですけど、酒は恐らくやめられないと思いまして、体だけは健康体でいなければいけないと思いまして。」と言っていたのを思い出します。

私「解りました。どの位まで落としたいですか?」

Cさん「いやあ。体重だとか、運動だとか全く無頓着でして・・。〇さん(←私)の言う通り頑張らせて頂こうと思っています」

私「ホエ?(え?と言ったつもりだったが驚きすぎて(笑))本当にですか?こんな若造の言う事でいいんですか?」

Cさん「いいんです、いいんです、役所仕事が染みついてますから(笑)言われた事をするのは得意なんですよ(笑)」

私「ええっ?(笑)そうですか・・ではそうですねえ。年齢の事もありますし、あまり無理せず、1ヵ月1.5キロ減位で半年で9キロ位を目指しましょうか?あと筋肉量も増える様にしましょう」

Cさん「解りました。おっしゃる通りに」

そこから始まったCさんとの二人三脚。定年後なので基本的に毎日時間があったCさんなので、運動の習慣を付けようと週に4回~5回午前中に通ってもらい、プールを中心に筋トレを少々。(Maxの50%10~15回8種類2セット)およそ2時間位ですね。

Cさんは真面目に通って下さり、好きなお酒もいつもの量を呑んで頂いて(笑)。私は運動の習慣を付けるつもりだったんですが、Cさんはホントに淡々と毎日通ってにこやかにメニューをこなすといった感じで。

でもその甲斐あって、半年後には見事60キロ台に。そして、クラブ内で出会った呑兵衛の方々と夜な夜な歓楽街へ繰り出していったとさ(笑)

これも性格と期間・・というか「やり方」がマッチした例。ひとに全てをゆだねてみるのも1つの方法ですね。

スポンサードリンク

ダイエットの期間。自分をよく分析してみて

上記以外にもたくさんの成功例があるのですが、時間がある時にまた追記しようと思います。100%という訳ではないですし、「性格」なんて「絶対こうだ」という事は無いです。

しかし、自身の性格を主観的にでも客観的に把握している方のダイエット成功確率は間違いなく高いです。皆さんもいい機会だと思ってご自分を分析してみてからダイエットを始めると・・・成功へ近づく!?