ダイエット方法15・ダイエットの停滞期を乗り越える!1ヶ月であきらめず成功へ

 

ダイエットをしていると、一番問題なのが停滞期で、これが最大の難所になります。私も最初は知らなかったのですが、ここの停滞期を乗り越えないと、ダイエットは成功しないと言っても過言ではないでしょう。

スポンサードリンク

多くのダイエット経験者は思いあたるはずですが、ダイエットをして1ヶ月くらいになると体重減少がストップしますよね。それまでは「あっ、今度は順調。体重3キロ減った!」と喜んでいると、そこでピタッと体重が減らなくなって、ガッカリすることがあります。また、ダイエットを何度も経験している人なら同じ頃に「いつも、ここまでは順調に3キロ減るんだけど・・・」と悩んでいることもあるでしょう。

ダイエットの停滞期。知識の定着と一緒だと思って・・

実は、これがダイエットの停滞期で、だいたい1ヶ月くらい過ぎて、体重減少2㎏から3㎏を達成してから起こります。私もそうですが、停滞期までは、どんどん3㎏程体重が減るので、ダイエットをしても嬉しく達成感があります。でも、ここからピタッと体重の減りがストップすると、人間誰しもやる気をなくしますよね。だけど、ここでダイエットの停滞期を乗り超えないと、いつまでもダイエットの成功者にはなれないのです。

例えば、人間の知識って詰め込んだ後に定着させることが、さらなる上の知識を得ることができます。それと同じで、人間の身体も、つらいダイエットを突然習慣に取り入れた場合、最初は少し効果がでます

ダイエット前の身体の状態に戻ろうとする・ホメオスタシス機能

でも、それをさらに引き締まった肉体にするには、ある程度の身体に対する認知と定着の期間が必要です。また、そのダイエット方法が正しいのか、身体に再度試して、別の方法が合っているのなら、そちらで調整をして体重を減らすことも大切です。

ダイエットの停滞期は、身体が突然の体重変化を受け入れるのを拒否する状態になります。そして、今の体重減少状態が身体にとっておかしいので、前の身体の状態に戻ろうとするのです。それがダイエットの停滞期に発生をするホメオスタシス機能です。

停滞期は、いつかは終わると思って

心が「あっ、もっと体重を減らしたい」と思ってダイエットを実行しますけど、今までこの体型だった身体は「えっ、何、それ。今までより体重減っているよ。具合どこか悪いの?」と信号を出して、体重減少をストップするのです。まさに、心と身体のバランスや、意思統一がバラバラになるのがダイエットの停滞期なのです。

ダイエットの停滞期といってもだいたい2週間から1ヶ月くらいです。そして、停滞期が終われば、また体重減少が開始、その後はまた停滞期、これをくり返します。そこであきらめないで「停滞期は、いつかは終わる」くらいの気持ちで続けて、ダイエットを成功しましょう。