ダイエット方法23・養命酒と青汁を最大に活用しよう

ダイエット=食事制限。ダイエットの成功者はかなりの確率で食事制限をしています。

もともと太っているのだから、食事制限による体への負荷はちょっとぐらい我慢しなさい!・・と。これが・・若者はいいんです、多少の無理をしたって。

しかし、40を越えて無理な食事制限は・・

スポンサードリンク

高齢者の急激な食事制限は注意が必要

若い時分は「〇日間水だけで〇キロ痩せた」なんて無理をしても、見事に体重が落ちるのみでむしろ頑張って絶食して良かった!となるものです。

しかし・・やはり40歳を越えたあたりから人間の体力や免疫力、回復力はどうしても落ちてくるもので・・。そこへきての急激な食事制限によるダイエットは「体が重い」「風を引きやすい」「集中力が著しくしく低下する」などの症状が出やすいです。

だからといって、ただでさえ年齢と共に代謝や運動能力が落ちている体。食事の制限なくしてダイエットの成功は難しいのが現実です。

そこで救世主となるのが、皆さんにおなじみの「青汁」と「養命酒」です。

※これは筆者自身の体験談です。個人の経験からの感想ですのでご了承ください。

ダイエット中のビタミン補充は「青汁」で

はい、皆さんご存知「まずい!もう一杯!」の青汁でございます。いちいち説明の必要も無いとは思いますが、一応説明を。

今やたくさんの会社から販売されている青汁ですが、主な原材料や成分は大体一緒です。

原材料は大麦若葉。そのほかには抹茶、煎茶、明日葉あたりをよく見かけます。成分としてはよく紹介される食物繊維。そしてビタミン、主要栄養素です。

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK。タンパク質、脂質、ナトリウム、食塩あたり。各社の青汁によって多少の違いはありますが、主な成分はほぼ上記の内容。

若い方なんかは「青汁なんて効果あるの?」「ただただまずい」といった所でしょうが、私は38歳時のダイエットで結構な食事制限をした時(1日1000cal未満)に結構風邪を引いてしまったのです。

これはいかんと思い、栄養のバランスをとるために手っ取り早いと思い始めたのが「青汁」。

気休めにしかならないかな?と思いましたが、一週間、二週間と続けている間、体調が安定しました。もちろん1000calの食事の中でも色々やりくりはしましたが、毎日定量のビタミンをとるのは大事なんだなあと実感した次第であります。

そして、青汁と一緒に摂っていたもう一つのバランス栄養剤は・・

スポンサードリンク

滋養強壮。養命酒のパワーを初めて知った39歳の夏。

さらに、どうせなら新しいダイエットパターンを作り出そうと思い、健康にいいとされる漢方薬や、ビタミン剤など改めて調べていたところ、私が幼い頃、母が飲んでいた「養命酒」に辿り着きました。

結論から言うと・・これはすごい!!

なぜ、私の母や世の中年以降の人々が飲んでいるかが分かりました。養命酒の起源は1602年に遡るほどで、400年に渡り人々に飲み続けられているんです。

成分は以下の通り。

  1. 桂皮(けいひ) – 4500 (mg/l)[3]
  2. 紅花(こうか) – 200 (mg/l)[3]
  3. 地黄(じおう) – 1000 (mg/l)[3]
  4. 芍薬(しゃくやく) – 1000 (mg/l)[4]
  5. 丁子(ちょうじ) – 400 (mg/l)[4]
  6. 杜仲(とちゅう) – 300 (mg/l)[4]
  7. 人参(にんじん)(朝鮮人参) – 1000 (mg/l)[4]
  8. 防風(ぼうふう) – 1600 (mg/l)[4]
  9. 鬱金(うこん) – 600 (mg/l)[3]
  10. 益母草(やくもそう)メハジキの葉茎) – 800 (mg/l)[4]
  11. 淫羊藿(いんようかく) – 1900 (mg/l)[3]
  12. 烏樟(うしょう) – 9900 (mg/l)[3]
  13. 肉蓯蓉(にくしょうよう) – 800 (mg/l)[4]
  14. 反鼻(はんぴ) – 200 (mg/l)[4]

引用:wikipedia

「いかにも」な生薬の名が並びます。正しい飲み方は一日三回。一回の服用は20mlとされています。

これが本当に凄い。養命酒はその名の通り「お酒」なので、基本的には夜の食事の時を軸として、仕事に差し障りの無い様にできるだけ飲んでいたのですが、3回飲まなくても効果は抜群。

食事制限をしていると、どうしても頭がボンヤリしたり、寝起きがだるい時などがあります。が、養命酒を飲み続けると、そういった体のだるさが嘘のように無くなります。

養命酒製造株式会社のホームページで紹介されている効能は

元気な体で毎日を楽しく

体がだるい、疲れがとれないといった肉体疲労でお悩みの方に。滋養強壮剤として体力をつけながら、疲労を和らげていきます。

食後の調子が良い

消化器官が弱く、胃腸の調子が悪い方、胃腸が弱り気味という方に。薬用養命酒を食前に服用していくことで、弱った胃腸の働きを整え、丈夫にしていきます。

病気になったら体力回復が大切

病中病後で体力をつけたい方、病後の体調の回復が遅い方に。薬用養命酒の薬効成分は、体の基本となる働きを整えて、本来の健康な状態へと導きます。

毎日の食卓を美味しく味わえる

食欲がない、食べたいのに食べられないという方に。薬用養命酒を食前に服用していくと、薬効成分によって胃腸の働きが活発になり、食欲を正常に戻す力があります。

体質を整え体力をつける

体が弱い方、体力不足を感じている方に。薬用養命酒は穏やかな作用の滋養強壮剤として体を丈夫にし、肉体疲労を和らげながら徐々に体質を整え体力をつけていきます。

顔色が良くなる

疲れがたまって、指先が冷えて血色が悪いとお悩みの方に。薬用養命酒の薬効成分は血行とともに体内を巡り、新陳代謝を活発にして血色不良を改善していきます。

引用:養命酒製造株式会社

スポンサードリンク

とありますが、「まさに!!」と唸るばかりです!ダイエット中の栄養バランスをとるために飲み始めたのですが、それとは関係なく、今も飲んでいます(笑)

個人差はあると思いますが、30歳で一度、40歳になるともう一度と。節目節目での体力の低下は皆さん感じていると思います。勿論、日々の運動で体力を維持するのが最も健康的なのは間違いないですが、職場でも最も働く30代、40代は中々時間もとれないというもの。

私もそんな一人だったのですが、養命酒を飲んでからというものすこぶる体調がよく、ダイエットも成功し、養命酒からパワーを貰っているので、ちょっとの時間にも運動する気力が出てきて好循環。健康そのものといった生活を送っています。

滋養強壮・健康生活には養命酒。

【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

新品価格
¥2,138から
(2017/12/27 02:00時点)

ダイエット中に不足する栄養を補う効果はもちろん、働き盛りや年齢による体力の低下を補い、体系維持にも役立つ!養命酒。おすすめです!