ダイエット方法7・ダイエット食材の中でも「スルメ」と「シュガーレスガム」だけは外せない。

ダイエット中、食事への意識は必然的に高くなり、調子が良い時は様々な料理を作って見たり、低カロリーの食品を見つける事に喜びを感じたり・・。

しかし、調子が落ちた時が問題。ダイエット食に関する思考が停止しがちになり、「まあいっか」と高カロリーのものを摂取したが最後、今回も失敗!となる。

それを避けるために、「困ったらスルメ」「困ったらガム」としておけば、その期間を上手くしのげます。

スポンサードリンク

ダイエット方法・その7 スルメとシュガーレスガムの共通点

スルメとシュガーレスガムの共通点。なんてことはありません、どちらも「よく噛む」事になる食材です。これが結構なポイントになります。

ダイエット中の食事に「飽きたり」「物足りなさ」を感じたりしている時に今回の手法を取ります。そういった状況になっている時は「爆食いしたい衝動」やそれまでに控えていた「甘いもの」をとにかく食べたくなったり。「こみ上げてくる衝動的な食欲と感情」に悩まされている状態です。

そこで「アイス一個だけ」や「0キロカロリーゼリーを爆食い」・・。一瞬お腹いっぱいになりますが、結局1時間後には空腹になり同じ衝動にかられるという悪循環に陥ります。

そこで活躍するのが「よく噛まないといけない」スルメとガム。

不思議なもので、噛み続けている時に空腹になる事は無いですよね(医学的根拠は違う項で)「あ~腹減った・・なんか食べたい」そう思ったら、スルメ!ガム!この方法で1回30分はしのげるはずです。

起きている時間が16時間だとすると、

仕事or育児家事をしている時間が10時間。その間はそこまで考えないでしょう。

残りの6時間程が葛藤する時間。そのうち1時間半をつぶせると考えれば有効な方法だ。

スルメとガムのカロリーは

一般的にスルメイカのカロリーは100gで88キロカロリー。

スーパーやコンビニで売られている「アシ」の部分で言うとおよそ「20本」これだけ食べても88kcalなのだ、心強い事この上ない。

シュガーレスガムは1粒2~4キロカロリーほど。これまたかなりの低カロリー。ありがたい。

シュガーレスガムの人工甘味料による人体の影響について

昨今、人工甘味料について、「食欲を増進する成分が入っている」「人体に悪影響を及ぼす成分が入っている」などの報告や情報を良く見かけます。

確かに、1つ1つの成分を掘り下げて見てみると「嘘」ではない。ただ、含有量と人間が1度に摂取する量を鑑みて、「問題がある」とは言えないでしょう。

これは極度な「ガムダイエット」のような「一日中ガムを噛んで痩せよう」というよな行為に対しての警鐘だったり、「ただただ重箱の隅をつつきたい」行動によるものだと解釈しています。

そんなに人体に悪影響があるものを大手食品会社がガムに投入しているとは考えづらい。適度な量を摂取する分には全く問題ないだろう。

手元に「スルメ」&「ガム」。なかなか効果的ですよ。